MENU

不妊治療に葉酸は注目されいます

「葉酸」は、ビタミンB群の一種で、1941年にほうれん草から発見されました。
葉酸は、水溶性ビタミンで、体内には蓄積されてにくいので、毎日摂取することが必要な栄養素です。
ビタミンB12とともに赤血球の形成を助ける栄養素で、造血のビタミンともいわれています。

 

又、胎児の正常な発育を助けるものとして、重要な働きを担っています。
そして、近年、不妊治療においても重要な栄養素として注目を集めています。

 

通常、妊娠初期の方に大変重要で、妊娠中は特に欠乏しやすい状態になりやすいからです。
欠乏すると悪性貧血や、胎児の発育が不十分になったり、脳神経に異常がでてくるリスクが高くなります。

 

胎児の場合、受精後1~2週間の初期の段階で、主な中枢神経ができるので、妊娠に気づいてからでは
間に合わないこともあるので、妊娠を考えている最中から、葉酸を意識して摂取することが大切といえます。

 

妊娠に備えて、しっかりと摂取することで
実際の妊娠中に安心して過ごすことが重要といえます。

 

又、母胎内での成長を続けていく胎児にとって
新しい血や細胞を形成する葉酸は、流産の予防にもつながります。
不妊治療を行っている方は、治療と同時に気長に摂取しながら、体質改善を目指すことが良いです。