MENU

妊娠糖尿病とベルタ葉酸

妊娠糖尿病って知っていますか?
妊娠糖尿病というのは、妊娠中に発症した糖尿病には至っていない糖代謝異常になります。
一般的な糖尿病とは区別されますので間違えないでください。

 

妊娠時の特別な状況によって糖代謝に異常が起きていて、高血糖状態が続いていることが危険なのです。
出産を終えると通常の状態に戻ることが多いのです。
妊娠中には赤ちゃんを送るために糖分が必要不可欠になります。

 

そのため、お母さんの体の中では血糖値を下げるホルモンが壊されてしまいます。
そしてインスリンに対抗するためのホルモン量が増加して高血糖状態が維持されるようになります。

 

妊娠後期においてはこの傾向が非常に強くなります。
糖というのは必要なものですが血糖値は下がりにくくなります。
つまり、体にとっては良くない状態が続くということです。

 

この高血糖に見合ったインスリンが必要になるのですが、それが上手くできていないと判断されると、妊娠糖尿病と診断されます。
このような体の変化があると、それは糖分の摂取量が多すぎる、というのが原因となっている可能性があります。
食事療法が基本ですので糖の過剰摂取には十分に注意してください。

 

と同時にベルタ葉酸などのサプリメントで栄養分を補給するようにしましょう。